匿名メッセージへの返信

鬱病になってしまうのって優秀さの裏返しなんだそうですよ

ブログに届いた匿名メッセージへの返信です。

 

差出人: まる

私は実際に鬱病と診断を受けたほうです。でも同じ感覚で同じ悩みです。精神を病んでいると言われてから薬を多量に飲み続け、ダメだと分かっていても離婚もしました。それから早くも5年。薬が切れると眠れないし、手足が震えます。
安楽死は賛成ですぐにでもいいとも思ってます。
多分というか周りからはプチエリートの脱落みたいな感じで腫物扱いの毎日です。我ながら結構真面目に頑張って来たとすら思っています。
でも今も生きる意味がなくってワンピースの最後が見てみたいとか、可愛い子と付き合いたいとか謎の願望で生きてます。
人間なんてこんなもんなんですかね。笑

 

この文章だけだと確証はありませんが、まるさんには何か鬱病になるきっかけがあったように思えます。

何か仕事で大きな失敗があったとか、そんな感じでしょうか。

何かきっかけがあるならそこらへんを詳しく聞いてみたいですね。

鬱病になったきっかけは何なのか、「周りからはプチエリートの脱落みたいな感じで腫物扱いの毎日」の”周り”とはどんな人なのか。

そこが分からないことにはなんとも……。

 

なので、ここでは生きる意味について話してみます。

 

まるさんの言う通り、生きる意味については普通の人間はそんなもんだと考えているはずですよ。

というか、そもそも普通は生きる意味とか深く考えないものらしいです。

逆に言うと鬱病になる人とか、生きる意味を深く考える人ってそれだけ優秀ってことなんですよね。

>>参考:優秀な人ほどうつになりやすい/DIAMOND online

今まるさんが悩んでいる・苦しんでいるのはまるさん自身の優秀さの証明でもあると思います。

 

まるさんは何かハマれるものがあれば大きな成果をあげそうな気がします。

“可愛い子と付き合いたい”を極めるのも発想としては悪くないかと。

世の中にはナンパとか恋愛心理学を極めて人に教えている人とかもいるわけですし。

そういう突拍子もない発想も視野に入れて将来を考えると、何か生きる意味が見つかるかもしれません。

ABOUT ME
山田ユウキ
26歳のwebライター。このブログがきっかけでお悩み相談的なものも始めています。最近犬を飼い始めました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。