考えたこと

人は他人を理解できるという妄想について

ぼくは「同じ気持ち」という言葉を使わないように気をつけています。

そういった表現をしたい場合でもせいぜい「似た気持ち」とか「同じような気持ち」とか、ややぼかした表現をします。

というのも、人は他人を100%理解することはできないと考えているからです。

100%他人を理解することは原理的に不可能

他人を理解できないという部分だけを切り取って「理解しようとしていない」とか「人の気持ちが分からないんだろ」とか言う人もいるんですが、そうじゃないんですよ。

あくまで”100%”理解することはできないって言っているだけ。

そしてそれは原理的に不可能なんです。

 

クオリアという概念はご存知でしょうか。

なかなか難しい概念なんですが、なんとか頑張って説明してみます。

 

クオリアを一言でいうと、人間がそれぞれ脳の中に作り上げる主観的なイメージのこと。

例えば赤色の何かを見た時、その人の脳裏に浮かぶ赤色が赤のクオリアです。

 

赤色は誰にとっても赤色だろと思うかもしれませんが、クオリアまで同じとは限りません。

Aさんが赤を見た時に浮かんでいるクオリアは、Bさんにとって青を見た時に浮かんでいるクオリアかもしれないわけです。

これをAさんの基準で考えるとBさんは赤色が青色に見えていることになるのですが、Bさんは昔から青色のことを赤色だと思っているので日常のコミュニケーションには影響しません。

 

色だけでなく「楽しい」とか「苦しい」なんて気持ちについても同じことがいえます。

どんなに多くの言葉で説明しようとも自分が感じるクオリアは自分だけのもの。

だからこそ自分の感覚を100%人に説明することはできないし、同時に他人の感覚を100%理解することもできないんです。

他人を理解できるという妄想がもたらす弊害

他人を理解できると勘違いしていると、コミュニケーションのズレを許容することができなくなってしまいます。

悩み相談なんか分かりやすい例ではないでしょうか。

相手のことを100%理解できるなんて思っている人は悩んでいる人にとって非常にやっかいな存在です。

理解できると勘違いしているがために勝手に分かった気になってくるし、ひどい場合は自分にとっての正解を押し付けたりこちらの考え方を矯正しようとしたりしてきます。

何よりどうしようもないのが、彼らには悪気がないってこと。

最終的に「なんで分かんないの?」みたいに上から目線になることもあるからタチが悪い……。

 

一方で他人を100%理解できないと分かっている人ならちゃんと諦めてくれるので、無理してこちらが相手に合わせなくて済みます。

本当に仲良くなれるのは他人のことなんて理解できないと分かっている人だけ

ある程度仲が良くなってくると、ついつい相手のことを理解できる気になってしまいがちです。

でもそれは理解している気になっているだけ。

本気で他人を100%理解できるなんて思っていると、どこかで価値観や考え方が合わないと思った時に喧嘩や仲違いをしてしまいます。

 

最初の話に戻りますが、だからこそぼくは「同じ」という表現は使いたくないと考えてしまいます。

別に「同じ」という表現は使わないでくれと言いたいわけじゃないんですが、「人が他人を100%理解できるなんてことはあり得ない」と考えられる人じゃないと仲良くなれる気がしません。

書き込まれたコメント

  1. かかぽ より:

    他人の気持ちをインスタントに理解する方法として「ラベリング」があると思います。
    「草食系」「肉食系」「清楚」「ギャル」「メンヘラ」「アラサー」「アラフォー」「A型」「O型」とか、挙げたらキリがありませんが。
    こうしたラベリングは、人を判断する際の処理速度や正確性を高める為のツールとして開発されてきたのかもしれませんが、適用された側は「決めつけ」「押し付け」と不快に感じることも少なくないと思います。
    それをさらに個人的なレベルまで落とし込んだラベリングが、「同じ気持ち」に当たるのではないでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)