未分類

みんなに好かれるなんて無理なんだから早めに諦めるべき

 

「人間は社会的動物である」なんて言うように、仲間を作って楽しく生きていきたいというのは人間にとって当然の欲求です。

でも、みんなに好かれるのはまず無理。

それはあくまで理想論でしかない。

ってことで「みんなに好かれる」なんてさっさと諦めるべきって話をします。

 

そもそも思想の土台が違う可能性がある

極端な例ですが、宗教戦争なんてその最たるものでしょう。

これまでの歴史の中で、宗教という思想の違いによってどれだけの血が流れたかは想像もつかないほどです。

彼らの間で話せば分かるなんて理屈は通じない。

 

身近な例でいうとからあげにレモンをかけるか・かけないか論争。

良かれと思ってかける人もいれば、そんなのありえないだろって思う人もいる。

かけるかどうか聞けばいいじゃん? って話ではあるんだけど、中には「いちいち聞かずにさっさとかけろ」もしくは「そんなの聞かなくてもかけないに決まってるだろ」みたいな人がいるわけで。

 

それぞれの思想の土台、常識が違うとなかなか話は噛み合わない。

で、ケンカになったりする。

話の合わない人と仲良くなるための時間がムダ

話せば分かるなんて言いますが、正直その時間はムダだと思います。

話が合わない人ってそもそも聞く耳を持とうとしない場合が多いじゃないですか。

仮に本当に話せば分かる人だったとしても、その1人と仲良くなる間にもともと息の合う人と付き合うようにすれば3人とか5人とかと仲良くなれますよね。

時間は有限ですから、できるだけ充実した人間関係を築きたいなら話の合わない人と仲良くしようとするのは効率が悪い。

そもそもいくら話しても分からない可能性だってありますし。

 

そりゃ、家族とか仕事仲間みたいななかなか関係を切れない相手なら理解し合おうとする意味はありますよ。

でも無視していい相手、関わらなくていい相手ならさっさとスルーした方が絶対にいい。

 

実はこれ、ブログを書いていて分かったことでもあるんですよね。

アクセスが増えるとコメントもそこそこもらうようになってくるんですが、たまーに突っかかってくるようなコメントを書く人がいます。

 

彼らとも話せば分かり合えるのかもしれません。

が、ちょっと書いているだけでもこれだけ突っかかってくるんだから、このままブログを続けていけばそんなコメントはさらに増えてくるはず。

正直全員に対処なんてしてられないんですよね。

結局自分の好きなように動いた方がいい

嫌われないようにするための方法は簡単です。

自分から何も発信せず、ただ黙って存在感を消していればいい。

でもそれじゃ誰とも仲良くなれないし、誰も自分の主張を受け止めてくれない。

なんのために生きているの?って感じ。

 

それなら何人、何十人かに嫌われたって自分の好きなように動いた方が絶対楽しいんじゃないかと思います。

ABOUT ME
山田ユウキ
26歳のwebライターです。このブログでは思ったこと、考えたことをバーっと流れに任せて書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。